新エキゾチック武器「プロメテウス・レンズ」がぶっ壊れ性能と話題に。画像で解説!【Destiny2(デスティニー2)】

12月6日からDestiny2シーズン2が始まり追加コンテンツ「オシリスの呪い」が解禁されました。そんな中、新エキゾチック武器全5種類の中の一つ「プロメテウス・レンズ」の性能が話題になっています。

プロメテウス・レンズとは

※画像はクリックで拡大できます。

Destiny2では「コールドハート」と並び「トレースライフル」というジャンルに分けられる武器で、継続的なダメージを与えることを目的としたエキゾチック武器です。

この「プロメテウス・レンズ」のなにがやばいのかというと、武器パークの「プリズム・インフェルノ」この効果がとてつもなくやばいものとなっています。

●プリズム・インフェルノとは
ソーラーのトレースビームを撃ち出し、高熱のフィールドを発生させる。このフィールドは、発射し続けることで大きくなる。

簡単に説明すると、トレースビームを撃ち続けると、着弾地に球体のフィールドが生成され持続ダメージを与える事ができる武器です。

01

--

こうなります。

このフィールドにふれただけで敵にダメージを与えることができるので、広範囲+持続ダメージというよくわからないものを生み出せます。

さらにこの「プロメテウス・レンズ」をやばくしているものが「この武器でキルを達成すると、使用した弾の屈折がマガジンに戻り、ビームの時間を延長させる。」というパーク。

つまり、この武器で敵をキルするとリロードする必要がなくなります。

するとどうなるかというと

-

こうなります。

撃つ時間が長いほど、フィールドが大きくなっていきます。

そして、クルーシブル(PVP)になると、ガバエイムでも敵を瞬殺できちゃいます。
ほんとに…瞬殺。

しかし公式Twitterにて「プロメテウス・レンズ」のバグが確認されています。一体何がどうバグっているのか…!とても気になるところです。

 

 

TOP10
これは…直ぐに修正すべきなのでは…!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。