「Warframe(ウォーフレーム)」2018年に追加されるかもしれない新要素をご紹介。金星オープンワールドにUmbraなど!

今年も「忍者なら無料!!」な基本無料TPSゲーム「Warframe(ウォーフレーム)」は2017年にアップデート22「エイドロンの草原」が追加され大きく進化しました。
そこで今回は2018年に追加されるかもしれない新要素を紹介していきます。

今回ご紹介するアップデート情報は、確定事項というわけではなく、構想止まりなものも含まれているため、全てが実装されるとは限りません。ご注意ください

新フレーム『Khora』

Dev100-Khora

新フレーム「KHORA」はユニークなキャバットを召喚することができ、Exalted Whip(フレーム専用武器)切断、貫通、衝撃物理ダメージタイプを切り替え戦う事が可能なフレームです。

衝撃、貫通、切断の変更

新フレーム『Khora』の追加に伴い、衝撃、貫通、切断ダメージのリワークが予定されています。

金星オープンワールド

開発元のDigital Extremes(DE)は今後も『エイドロンの草原』のようなオープンワールド型マップの追加を予定しており、2018年には『金星』をテーマにしたマップが追加されるようです。
2018年の春頃に金星ランドスケープ“風景(画)”の公開が予定されています。

0w7vASh

Excalibur Umbra

Warframe-The-Sacrfice.jpg

Excalibur UmbraPrime Warframes と同様に元のフレームとは完全に別のWarframeであり、ExcaliburまたはExcalibur Primeとは別の独自のステータスと極性を持つと推定されています。
※Umbraとは”影”を意味するラテン語です。

Excalibur Umbraを入手するためのクエスト“The Sacrifice(犠牲)”も追加予定。他のUmbra Warframeも今年追加されるのかもしれません。追加されてほしい…!

CHROMA・ZEPHYRリワーク

現在存在するWarframeの中でCHROMAZEPHYRのリワークが予定されています。

  1. CHROMAリワークに関する発言 Prime Time #126 – 49:50
  2. ZEPHYRリワークに関する発言 Devstream 90 – 54:14

より多くのコンパニオン(ペット)

これは既にお蔵入りとなったのかもしれませんがTennoCon 2016にて二足歩行ロボットのコンパニオンを追加したいというような発言がありました。その他にも今以上にKavat / Kubrowの品種を増やす予定だそうです。ただこの辺りの件に関してはあまり深く言及していないので2018年の実装はないかもしれません。

  1. 二足歩行ロボットに関する発言 TennoLive 2016 – 36:18

以上が2018年に追加されるかもしれない新要素の紹介です。今回は省きましたが新しいEidolonsや新武器の刀、Dojoアスレチックコースのリワークなどの追加コンテンツも予定されています。

TOP10
金星のオープンワールドはおそらくコーパスの文明が広がっていると予想されています。コーパスの民間人…それに合わせて二足歩行ロボットのコンパニオンも追加してほしい…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。