【Warframe(ウォーフレーム)】次に実装されるスキンは個性的!一部のユーザーから『初音ミク』と愛称付けらたあのスキンが登場。TENNOGEN第11弾の内容まとめ

Warframeのスキンには大きく分けて二種類あり、一つは公式が作成し販売しているスキン。もう一つはファンコンテンツとして2015年から開始されたTENNOGENというシリーズがあります。TENNOGENSteam Workshop に投稿された作品の中から選ばれ、ユーザーがデザインしたスキンを公式が採用し、ゲームに登場するというシステムで次回のTENNOGEN第11弾となります。

TENNOGEN第11弾合計34作品あり、作品の数が今まで以上に多いので少しずつリリースしていくと発表されています。
今回はその中からWarframeスキンのみを抜粋して紹介していきます。

Banshee スキン

名称【SONORITY Banshee skin and helmet v1.1
“SONORITY” “鳴り響く”という意味のスキン。

ダウンロード.jpg

Excalibur スキン

名称【CORPRA Excalibur
コーパススキンのExcaliburさん!個人的にコーパス製の物が一番好きなのでこのExcaliburスキンがとても楽しみです。

ダウンロード (15).jpg

 

Harrow スキン

名称【Harrow Graxx
人気のGraxxシリーズスキン。Harrowはまだスキンが少ないのでとても楽しみです。

ダウンロード (2).jpg

Hydroid スキン

名称【Hydroid Poseidon – Skin & Helmet
ポセイドンスキン。ポールアームのスキンも一緒に登場!

ダウンロード (3).jpg

Inaros スキン

名称【Horus skin
エジプト神話に登場する天空と太陽の神ホルススキン!

ダウンロード (14).jpg

 

Mirage スキン

名称【Mirage Mithra
個人的に今回の目玉商品。今までにないMirageが作れそうです。武器スキンの方も採用されています。

ダウンロード (4).jpg

Nezha スキン

名称【Dracun v.2 – Nezha Skin
Nezhaのドレインスキン。毒々しい…!

ダウンロード (5).jpg

Oberon スキン

名称【Oberon Wendigo
wendigo”はインディアンたちに伝わる精霊の呼び名。

ダウンロード (6).jpg

Rhino スキン

名称【Rhino Mastodon
マストドンという象に似た動物をモチーフにしたスキン。

ダウンロード (7).jpg

Octavia スキン

名称【Octavia Diva
一部のユーザーから『初音ミク』という愛称で呼ばれているスキン。TENNOGEN第11弾の中では最も人気なスキンとなっています。マイク型?のポールアームスキンも採用されています。

ダウンロード (8).jpg

Saryn スキン

名称【Saryn Napellus
Saryn姉さん素敵です。

ダウンロード (9).jpg

名称【Nita’s Moda Skin

ダウンロード (10).jpg

Trinity スキン

名称【Trinity Knightess – Alt Skin & Helmet
騎士をイメージしたスキン。Trinity×鎧という組み合わせがかっこいい…!

ダウンロード (11).jpg

Vauban スキン

正式名【Vauban Graxx
人気のGraxxシリーズ。Vaubanさんもスキンが少ない方なのでGraxxシリーズが追加されるのは非常に嬉しいです。

ダウンロード (12).jpg

Wukong スキン

正式名【Wukong Auman – Alt Skin & Helmet
初のWukong追加スキン!

ダウンロード (13).jpg

 

以上がTennoGen Round 11にて追加されるかもしれないスキンです。今回紹介したものすべてが実装されるとは限らないのでご注意ください。
実装時期などはまだ未定でおそらく次回のDevstreamにて発表されるかと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。